見えない矯正歯科|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

見えない矯正歯科

歯列矯正をしたいけれど、「矯正器具をつけるのは恥ずかしい」、「矯正治療をしていることを知られたくない」という方は多いと思います。子どもたちの間では口を開けることで目立つ矯正器具を「からかわれることが嫌で矯正したくない」と思う子どもが大勢いました。しかし最近は、誰にも知られずに矯正器具を身に着けられるようになりました。


上下ともに歯の裏側から矯正器具を装着する治療方法です。前歯の裏側に金具を装着するのですが、この金具を接着剤で装着します。ワイヤーがないので、ワイヤーに食べ物のかすが詰まることもありません。歯の裏側は唾液が巡回しやすく、唾液による殺菌効果で、表側に器具を装着するより虫歯になりにくいという特性を持っています。矯正器具を舌の近くに装着することから、多くの場合『舌側矯正』と呼ばれています。舌側矯正は、専門的な技術や知識が必要となるため、うまく対応できる歯科医院が多くありません。また費用が割高になるというデメリットがあります。


さらに、口を開けた時に見えやすい上の歯の矯正器具を裏側に装着して、下の歯は表側に装着するハーフリンガル矯正があります。そうすることによって、矯正にかかる費用を抑えられます。舌側矯正は矯正器具が見えない代わりに、従来の矯正よりも期間が長くかかってしまいます。また出っ歯など難しい症例には対応しにくいというデメリットがあります。そのような人におすすめしたいのが、白色や透明なブラケットを使用した矯正方法です。歯の表側に矯正器具を装着しますが、透明のワイヤーや乳白色のセラミックワイヤーを使用するため、矯正器具が目立たないのが特徴です。歯の裏側に器具を取り付けるような難しい治療ではないため、コストも安く抑えられます。ハーフリンガル矯正の下の歯に透明なワイヤーを使用する人が増えています。


対応する症例は限られていますが、取り外し可能な透明のマウスピース矯正も人気が高いです。舌側矯正と並んで費用が高いというデメリットはありますが、取り外しできるので、食事や歯磨きが普段通りにできるというメリットがあります。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram