インプラント手術が怖い方へ|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

インプラント手術が怖い方へ

インプラントの手術を怖いと思っている人は大勢いるでしょう。なにせ「手術」ですし、インプラントの手術の説明を見ていると「歯ぐきを切開して、顎の骨にインプラントを埋め込む」とあるので、「絶対に痛いヤツだ!」と思い込んでしまうのも無理はありません。そしてインプラントの手術は怖いとイメージしている人は、昔に歯科医でとても痛い経験をした人が圧倒的に多いとされています。特に現在50代後半の人は、子どもの頃や若い時代に歯医者に通って、とても痛い経験をして「歯科治療=とても痛い=怖い」とのトラウマになっている人もかなり多くいらっしゃるかと思います。


昔の歯科での治療は現在の治療と比較すると、劣っていたことは否めません。レントゲンひとつとっても、昔は小さな街の歯科医院ではレントゲンはなく、医者の経験で抜歯したり治療したりしていました。治療の際にも今のような優れた麻酔はなく、当時の抜歯を経験した人なら相当痛い思いをしたことでしょう。そのような痛い思いをしているので、インプラントの手術なんてとんでもない! と怖がるのもある意味当然なことかも知れません。


しかし現在の歯科医院での治療では必ずレントゲンを撮りますし、インプラントの手術を行なう歯科医院にはCTスキャン装置があり、より精密に歯の状態を確認できるようになっています。麻酔についても、昔は麻酔用の針を刺すのも痛かったのですが、今では「チクッ」とするくらいです。それでも嫌なら、歯ぐきに表面麻酔を塗ることで「チクッ」さえも感じることはありません。インプラントの手術では当然このような麻酔を使用するので、痛みへの恐怖は感じなくてよいのです。顎の骨を削ってインプラントを埋め込む際も、麻酔が効いているので痛みを感じません。インプラントの手術を怖がっている人には、手術後の痛みにも原因があります。昔の経験がトラウマになっている人なら、抜歯した後、数日間ひどい痛みが続き、頬が腫れて、食事もロクに取ることができなかったでしょう。原因としては当時、優秀な痛み止めの処方がなかったからです。


今では効果的な痛み止めを処方できますので、手術後の痛みを体験することはないでしょう。このように、現代のインプラント手術は怖がらなくても大丈夫な手術になっています。あとはトラウマを克服する一歩があれば、メリットの多いインプラントの利用を考えられるのではないでしょうか。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram