インプラント治療後のメンテナンスについて|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

インプラント治療後のメンテナンスについて

インプラントの装着が完了しても、治療自体は完了ではありません。装着後は治療というよりもメンテナンスを行なうことになります。もしも、面倒だとか費用がかかるからとの理由で、歯科医院でのメンテナンスを怠ると、最悪のケースではインプラント歯周炎にかかり、せっかくのインプラントが抜け落ちてしまうかもしれません。今回はそうならないためにも、インプラントのメンテナンスについてお伝えしていきましょう。インプラントのメンテナンスは、高額な費用と長い治療期間を費やして、せっかく装着したインプラントをできるだけ長く正常に利用するために、欠かすことのできない治療です。


メンテナンスで最も重要なのは、先にもお伝えしている「インプラント歯周炎」を予防することです。インプラントを装着すると、普通の歯と同じように取り外すことなく利用が可能です。そして、普段の清掃としては「歯みがき」に頼ることになるのですが、歯みがきだけでは口の中を100%キレイに掃除するのは無理があります。清掃が十分でない個所にはプラーク(歯垢)が溜まってしまい、細菌が増殖していきます。増殖した細菌を放置しておくと、インプラントの周囲のはぐきが細菌に感染して「インプラント周囲炎」を引き起こしてしまうのです。インプラント周囲炎が進行すると、インプラントを支える歯槽骨が破壊され、はぐきが縮み人工歯根が露出して、インプラントの脱落につながってしまいます。


そうならないためにメンテナンスを受けるのですが、一般的なメンテナンスの頻度は、インプラントを装着した年では3ヵ月に1度、翌年からは年に2~3回を目安にするとよいでしょう。インプラントのメンテナンスは個人差があるので、通院している歯科医院としっかり相談しておくことをおすすめします。メンテナンスの流れとしては、


口の中全体をチェックし、インプラントの装着状態もチェックします。

②噛み合わせの確認を行ないます。

③レントゲン撮影にてインプラントを埋め込んでいる、周囲の骨の状態などの確認を行ないます。

④口の中全体をキレイに清掃してプラークなどを取り除きます。汚れが酷い場合は人工歯を取り外して、キレイに洗浄することもあります。

⑤汚れが酷かった部分を普段の歯みがきでキレイにできるよう、ブラッシングの指導を行ないます。


ここまでの①~⑤までの手順が、一般的なインプラントのメンテナンスとなってきます。せっかく埋入したインプラントですから、メンテナンスを受けてできるだけ長く使えるようにしましょう。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram