インプラントによる治療とは|精密なインプラントによる治療なら福井市のリノデンタルオフィス福井

診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 お問い合わせ

インプラントによる治療とは Treatment

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、体内に埋め込む医療器具を意味します。歯科治療においては、病気や事故で失った歯の代わりに使用する人工歯根(インプラント体)を指します。
埋入したインプラントは顎骨としっかり結合するので、天然歯と同様の噛み応えが得られます。インプラントに設置する人工歯は、天然歯と変わらない見た目の美しい仕上がりにできます。
入れ歯やブリッジなどの方法では、ほかの歯に負担をかけたり、歯肉や顎骨が痩せてしまったりするデメリットがあり、しゃべりづらさや食べにくさといった違和感を覚える方もいます。
ご自身の歯と同じように安心して使用できるインプラントは、乳歯、永久歯に次ぐ「第3の歯」ともよばれるメリットのある治療法です。

こんな方にはインプラントによる治療がおすすめ

  • ご自身の健康な歯に負担をかけたり、削ったりしたくない方
  • 見た目が自然で、話すときに発音に支障が出ず、ほかの人と接するときに気にならない方法で治療したい方
  • 硬い食べ物を口にしても外れたりずれたりする心配をせずに、安定した噛み心地で食事を楽しみたい方
  • インプラントの土台となる顎の骨が健康で、充分な厚さ・高さ・密度があって、埋入手術に問題がない方
  • 入れ歯やブリッジの使用感が合わず何度も再作製していたり、外して洗浄するなど毎日のお手入れが面倒な方

インプラントと
ほかの治療との違い

インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
メリット ・ほかの残存歯に負担をかけず、削る必要もない
・顎骨に人工歯根が固着するのでしっかり噛んで食事できる
・自然な見た目のセラミックの人工歯で治療できる
・適切なメンテナンスをすれば長期間使用できる
・隣接する歯に固定するので外れる心配がない
・治療期間が短く済む
・保険診療で費用を抑えて治療できる
・本数が多くても適用できる
・外科手術やほかの歯を切削する必要がない
・保険診療の場合で費用を抑えられる
デメリット ・外科手術でインプラントを埋め込む必要がある
・ほかの治療法と比べて治療期間が長い
・自由診療のため費用がかかる
・全身や顎の状態によっては適用できない
・ブリッジの土台にする健康な隣接歯を削る必要がある
・清掃が行き届きにくく、ブリッジの周辺に歯垢が溜まりやすい
・本数が多いと適用できない
・金属の留め具やプラスチック部分の見た目が気になることがある
・入れ歯を固定する歯や歯肉に負担をかける
・食べ物の熱が伝わりづらく、噛みにくいなど食事を楽しめないことがある
インプラント
インプラント
メリット・ほかの残存歯に負担をかけず、削る必要もない
・顎骨に人工歯根が固着するのでしっかり噛んで食事できる
・自然な見た目のセラミックの人工歯で治療できる
・適切なメンテナンスをすれば長期間使用できる
デメリット・外科手術でインプラントを埋め込む必要がある
・ほかの治療法と比べて治療期間が長い
・自由診療のため費用がかかる
・全身や顎の状態によっては適用できない
ブリッジ
ブリッジ
メリット・隣接する歯に固定するので外れる心配がない
・治療期間が短く済む
・保険診療で費用を抑えて治療できる
デメリット・ブリッジの土台にする健康な隣接歯を削る必要がある
・清掃が行き届きにくく、ブリッジの周辺に歯垢が溜まりやすい
・本数が多いと適用できない
入れ歯
入れ歯
メリット・本数が多くても適用できる
・外科手術やほかの歯を切削する必要がない
・保険診療の場合で費用を抑えられる
デメリット・金属の留め具やプラスチック部分の見た目が気になることがある
・入れ歯を固定する歯や歯肉に負担をかける
・食べ物の熱が伝わりづらく、噛みにくいなど食事を楽しめないことがある

インプラントの手術方法

インプラントによる治療には、歯肉を切開する外科手術が必要です。この手術を1回で済ませる方法と、2回行なう方法があります。

1回法

1回法

アバットメント(人工歯に連結させるパーツ)とインプラント体が一体化しているタイプを用います。顎骨にインプラントを埋入し、アバットメントの上部を露出させた状態で歯肉を縫合します。
傷口が治癒して、インプラントと顎骨がしっかり結合したら人工歯を取り付けます。

2回法

2回法

1次手術では、インプラントを顎骨に埋入して歯肉で完全に覆って縫合します。
インプラントと顎骨が結合したら、2次手術として歯肉を再度切開し、アバットメントを取り付けます。歯肉が治癒したら型取りをし、人工歯を作製して設置します。

インプラントによる治療の一般的なリスク・副作用
  1. ・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  2. ・インプラントの埋入にともない、外科手術が必要となります。
  3. ・高血圧症、心臓疾患、喘息、糖尿病、骨粗鬆症、腎臓や肝臓の機能障害などがある方は、治療を受けられないことがあります。
  4. ・手術後、痛みや腫れが現れることがありますが、ほとんどの場合1週間ほどで治ります。
  5. ・手術後、歯肉・舌・唇・頬の感覚が一時的に麻痺することがあります。また、顎・鼻腔・上顎洞(鼻腔の両側の空洞)の炎症、疼痛、組織治癒の遅延、顔面部の内出血が現れることがあります。
  6. ・手術後、薬剤の服用により眠気、めまい、吐き気副作用が現れることがあります。
  7. ・手術後、喫煙や飲酒をすると治療の妨げとなるので、1週間は控えてください。
  8. ・インプラントの耐用年数は、口腔内の環境(骨・歯肉の状態、噛み合わせ、歯磨きの技術、メンテナンスの受診頻度、喫煙の有無など)により異なります。
  9. ・毎日の清掃が不十分だった場合、インプラント周囲炎(歯肉の腫れや骨吸収など)を引き起こすことがあります。
何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 お問い合わせ