麻酔医・技工士による専門的な治療|精密なインプラントによる治療なら福井市のリノデンタルオフィス福井

診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 お問い合わせ

麻酔医・技工士による
専門的な治療
Anesthesia

麻酔医・技工士による
専門的な治療

麻酔医・技工士による専門的な治療

インプラントによる治療は、外科手術をともないます。歯肉を切開し、顎骨にドリルで穴を開けてインプラント体(人工歯根)を埋め込む手術では、点滴で麻酔をする静脈内沈静法を行なっています。リノデンタルオフィス福井ではより安全に治療を進めるため、麻酔医が対応します。
インプラントに取り付ける人工歯の作製も、外部の技工所に委託せず、院内の技工士が担当します。精密に歯型を採取して、患者さまの歯列に合わせて細やかに調整するので、機能面も審美面にも問題のないインプラントをお作りできます。
麻酔医と歯科技工士、そして歯科医師とが治療に関する情報を共有し、綿密に連携しながら専門的な知識と技術を生かして対応しますので、安心して治療をお受けください。

麻酔医・技工士がいるメリット

麻酔医が手術中の全身状態をチェック

麻酔医が手術中の全身状態をチェック

当院には歯科麻酔医が在籍しています。インプラント埋入手術時に静脈内鎮静法を行なう場合には、麻酔医が生体モニターで血圧や呼吸などをチェックしながら、患者さまの状態を見守ります。
もしも手術中に気分が悪くなったり、体調に異変が出たりしたときにも、迅速な対応が可能なので、より安全に治療を実施できます。

技工士が作製する精密な上部構造(人工歯)

技工士が作製する精密な上部構造(人工歯)

インプラント体の上部構造(人工歯)は歯科技工士が作製します。歯科医師による治療計画に基づき、噛み合わせなどの機能面と、見た目の自然な美しさを両立させる人工歯を作ります。
当院の技工士は、自由診療が中心のアメリカで研鑽を重ねてきました。さまざまな経験を生かし、精密な技術をご提供します。

静脈内鎮静法とは

麻酔薬を静脈に点滴する精神鎮静法です。
不安感や恐怖心が強いと心身が過度に緊張した状態となり、治療にも影響するので、リラックスしてより安全に治療を進めるために、ストレスを軽減する目的で行ないます。口内への刺激でえずいてしまう「嘔吐反射」のある方にも有効です。
静脈内鎮静法は全身麻酔とは違い自発呼吸が可能ですが、ウトウトとした状態となって健忘効果もあるため、治療があっという間に終わる感覚になります。
局所麻酔も併用して処置します。当日の帰宅が可能ですが、車の運転はおやめください。

インプラントによる治療の一般的なリスク・副作用
  1. ・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  2. ・インプラントの埋入にともない、外科手術が必要となります。
  3. ・高血圧症、心臓疾患、喘息、糖尿病、骨粗鬆症、腎臓や肝臓の機能障害などがある方は、治療を受けられないことがあります。
  4. ・手術後、痛みや腫れが現れることがありますが、ほとんどの場合1週間ほどで治ります。
  5. ・手術後、歯肉・舌・唇・頬の感覚が一時的に麻痺することがあります。また、顎・鼻腔・上顎洞(鼻腔の両側の空洞)の炎症、疼痛、組織治癒の遅延、顔面部の内出血が現れることがあります。
  6. ・手術後、薬剤の服用により眠気、めまい、吐き気副作用が現れることがあります。
  7. ・手術後、喫煙や飲酒をすると治療の妨げとなるので、1週間は控えてください。
  8. ・インプラントの耐用年数は、口腔内の環境(骨・歯肉の状態、噛み合わせ、歯磨きの技術、メンテナンスの受診頻度、喫煙の有無など)により異なります。
  9. ・毎日の清掃が不十分だった場合、インプラント周囲炎(歯肉の腫れや骨吸収など)を引き起こすことがあります。
何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 お問い合わせ