インプラントにまつわるQ&A|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ

歯科コラム column

インプラントにまつわるQ&A

インプラントについては、さまざまな人からいろんな質問されることが多くあります。そこで、今回はインプラントにまつわるQ&Aをご紹介していきます。現在インプラント治療をご検討されている方のご参考になれば幸いです。


1.Q:インプラントに年齢制限はありますか?
A:ご高齢の方であっても、70代80代のご年齢の方でも制限はありません。反対に若年層の場合は注意が必要になってきます。インプラントは顎の骨に埋め込む治療なので、骨の成長が止まっている必要があります。個人差はありますがおおむね成長期を過ぎた20代半ばでないと、インプラント治療はおすすめできません。


2.Q:インプラントの治療に適さない人はいますか?
A:健康な体であれば基本的に問題ありません。ただ、個人差はあれど年齢的には20代半ばからでないといけません。それ以外では、喫煙者の人は禁煙する必要があります。禁煙できないのであればインプラント治療のリスクとなりえます。その他、アルコール中毒の人や糖尿病、骨粗しょう症などの方は、絶対的に不可能とは言わないまでもインプラント治療は難しい場合が多いと言えるでしょう。


3.Q:インプラントの手術の痛みは我慢できますか? 手術後も痛みはどのくらい続きますか?
A:インプラントの手術中は麻酔を使うので、痛みを感じることはありません。局所麻酔なので手術する部位に器具やドリルが触れる音や感覚はあります。それすらも嫌な人には「静脈内鎮静法(リラックス麻酔)」を使用して、ウトウトした気持ちいい状態で手術を受けることも可能です。手術後は2日~3日ほど、多少の痛みを感じますが痛み止めが処方されるので、我慢できない痛みを感じることはありません。


4.Q:手術後の生活はどうなりますか?
A:インプラント治療を行なった歯科医院から、パンフレットと説明を受けると思いますが、インプラントが顎の骨に定着するまで約2ヵ月かかります。その間は、硬いモノを食べたりして装着したインプラントに、負荷をかけない工夫が必要になります。それ以外は激しい運動さえしなければ、普段通りの生活を送ることが可能です。


5.Q:インプラントは一生涯使用できますか?
A:インプラントにも寿命があります。統計的には10年生存率が訳98%、20年生存率は90%と言われています。きちんと定期的なメンテナンスを受け、普段の歯みがきもしっかり行なっていれば、20年以上の長期間使用することも可能です。


6.Q:歯ぎしりが酷いとインプラントは無理ですか?
A:できれば歯ぎしりを治すことが望ましいですが、寝ている間のことなので完治させるのは難しいでしょう。寝る時にマウスピースなどのナイトガードを装着することで、インプラント治療を受けることは可能です。


今回は、インプラントについて一般的によく尋ねられる質問と回答をご紹介しました。この他にもインプラントについて疑問のある人は、インプラント治療を専門にしている歯科医院に問い合わせてみましょう。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram