ホワイトニングについて|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

ホワイトニングについて

歯が生えたばかりの頃は真っ白な歯だったのが、加齢とともに歯が黄色くなっていく人がいます。会話をしているとき、口元から覗く歯が黄ばんでいるとあまり印象がよくありません。ビジネスなどで成功している人ほど、見た目、特に歯のメンテナンスには力を入れている人が多いです。味や色の濃い食べ物を頻繁に食べたり、長年煙草を吸い続けていたりすると、白い歯が黄色くなっていきます。一度黄色くなった歯は、自然に元の白い歯に戻ることはありません。だからといって、歯に着色しやすい食べ物、例えばコーヒーやチョコレート、唐辛子やカレー、ほうれん草などを一生食べないというわけにはいかないでしょう。


食べ物を気にしなくても歯を白く保つ方法があります。それがホワイトニングです。ホワイトニングは、薬剤で歯に付着した色素を分解して歯を漂白します。ホワイトニングとは薬剤で表面の歯を溶かしたり、削ったりする治療と思う人がいますが、そうではありません。薬剤には、歯を石灰化する成分が含まれていますので、ホワイトニングをし続けると歯が強くなります。つまり白い歯を保つだけでなく、虫歯予防にも効果的なのです。


ホワイトニング後に気をつけていただきたいのが、やはり食事です。ホワイトニングを行なった直後は、歯の表面の薄い膜がはがれている状態になっています。この膜が再生するためには、24時間から48時間ほど必要となります。再生中に着色しやすい食べ物を食べたからといって、歯がその色に染まるということはありませんが、せっかくホワイトニングを行なった効果が薄れてしまいます。もしこの期間内に食べた場合は、すぐに歯磨きを行なうなどのケアが必要となります。


ホワイトニングには、歯医者さんに通って行なうオフィスホワイトニングと自分自身で行なうセルフホワイトニングがあり、どちらにもメリットデメリットがあります。また、人によって、効果的な方法が異なります。どちらの方法がより自分に合っているのか、一度歯科医師に相談してみてください。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram