ホワイトニングの安全性|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングは、薬剤を使用して歯を白い状態にしますが、薬剤の使用に危険性はないのでしょうか?知識を持った医師の元、正しく施術が行なわれていれば安全だといわれていますが、どのように安全なのかなどホワイトニングの安全性について実証していきたいと思います。ホワイトニングで使用される薬剤は、主に過酸化水素や過酸化尿素が含まれるものを使用しています。ホームホワイトニングかオフィスホワイトニングかによって含まれる成分は異なりますが、オフィスホワイトニングで使用される薬剤の方が刺激の強い成分が含まれています。誤って口内の皮膚に付着してしまうと炎症が起きてしまうため、ホームホワイトニングでは、刺激の少ない過酸化尿素が含まれる薬剤を使用しています。


オフィスホワイトニングでは、歯以外に薬剤が付着しないようにあらかじめ保護をしっかりと行ないます。ホームホワイトニングでも、薬剤が口内の皮膚に付着しないように、専用のマウスピースからはみ出した部分は拭き取るよう注意書きが明記されています。薬剤の用法、用量を正しく守ってホワイトニングを行なえば安全性は保たれますが、条件によってはホワイトニング自体を控える必要があります。妊娠中や授乳中のホワイトニングは、薬剤が胎児や乳児にどのような影響を及ぼすのかまだ分かっていないので、控えた方がよいでしょう。


また、歯が十分に成長しきっていないお子さまのホワイトニングも行なうべきではありません。薬剤が歯の成長の妨げになります。他にも、知覚過敏や歯周病、虫歯などの治療中は、薬剤がしみる場合があります。歯が健康な状態に戻ってからホワイトニングを行ないましょう。


あとは体質によってホワイトニングができない場合があります。過酸化水素の分解ができない無カタラーゼ症の場合は、口腔壊死などを引き起こす危険性があります。光過敏症の方は、光を照射するタイプのホワイトニングができません。このように体質によっては、ホワイトニングが危険を及ぼす場合がありますので、不安な方は、医師の診断をしっかり受けてからホワイトニングをするとよいでしょう。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram