セラミックインレー|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

セラミックインレーへ

「インレー」とは詰め物を指します。ひと昔前、虫歯治療で歯を削った際の詰め物には、銀や金色の詰め物をしていました。大きく口を開けたときに、銀色や金色の歯が見えるのは、審美的には美しくありません。また、銀や金は金属なので金属アレルギーの方は、使用できませんでした。そこで、プラスチックやセラミックが素材のインレー、即ち詰め物が開発されました。セラミックは陶器などの素材で、熱や衝撃に強く、見た目も白くて詰め物にしても詰め物をしているのが目立たないのが特徴です。金属アレルギーの心配もありません。


以前の詰め物では、硬いものを噛んだときにかけてしまったり、キャラメルなどを噛んでいて詰め物が取れたりすることがよくありました。しかしセラミックインレーは、歯にしっかりと接着するので、食べ物を噛んでいて取れにくくなっています。しっかりフィットしていることから、隙間から食べかすが入りにくいメリットがあります。また年数が経過しても、歯に着色することがほとんどありませんので、いつまでも美しい白さのまま保つことが可能です。


セラミックインレーの材料には、主にジルコニアを用いたニューセラミックスとそれ以外のニューセラミックスを用いた素材があります。ジルコニアは、ニューセラミックスの中で最も強い曲げ強さを持っています。耐久性もあり、歯の噛み合わせによる衝撃に強いのが特徴です。強く噛んだり、歯ぎしりしたりしても、欠けたり割れたりしにくいです。その特性を生かして、ジルコニア素材を用いたブリッジが作成されています。


ジルコニア以外のニューセラミックスを用いたオールセラミックは、曲げ強さや耐性はジルコニアの半分ほどですが、白色傾向が強いのが特徴です。そのため、見た目が美しいので好まれる方が多くいらっしゃいます。セラミックインレーは保険適用外なので、治療費が保険適応の素材使用のインレー修復に比べると高額になるというデメリットがあります。また外からの衝撃に弱く、硬質の素材の衝撃があると欠けてしまう危険性があり、その点は注意が必要です。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram