インプラントの痛み|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

インプラントの痛み

インプラントは治療といっても、顎の骨に土台を埋め込む「手術」を行ないます。外科手術を行なうわけですから、「手術=痛い」と思われている人も多いことでしょう。
実際にインプラントの手術を体験した人からは、「イメージしていたほど痛くなかった」といわれることがほとんどです。今回はそんなインプラントの痛みについて解説しましょう。

まず痛みを感じやすいのは、やはりインプラントを埋め込む手術時になります。局部麻酔を施すので手術中に痛みを感じることはありませんが、局部麻酔を歯ぐきに注射する際の、針が刺さる痛みが怖い人もいます。さらに歯ぐきの中に麻酔の液が入ってくる感覚も「痛い」と感じる人がいます。


そのような人は歯科医に相談して注射する前に表面麻酔を施してもらったり、注射の針を極力細い針に変えてもらったりすれば、痛みも少なくて済みます。それでも痛みに弱い人は「静脈内鎮静法」を使用してもらうと、ウトウトと気持ちいい状態で手術を済ませることも可能です。「静脈内鎮静法」は、静脈に安定剤を注入するのですが全身麻酔に近い状態となり、意識は若干残っていますが、痛みや、器具は触れる音や振動もほとんど感じることなく、「気がついたら、手術が終わっていた。」と、みなさんがいわれる方法です。

手術後の痛みは、痛み止めが処方されるので「我慢できない痛み」を体験することはありません。痛み止めを処方通りに服用すれば大丈夫ですし、痛みを感じだした初期に服用すれば、激しい痛みを感じることはないでしょう。手術の手順でいくと、抜糸する工程がありますが、この時は「チクッ」とした痛みを感じることがあります。その痛みも怖い人は、抜糸時に表面麻酔をしてもらうといいでしょう。


ただし、インプラントの治療の中で「骨造成」を行なった際には、腫れや痛みを伴う可能性が高くなってきます。インプラントを埋め込む顎の骨の厚みや高さが足りない場合に行なう手術ですが、普通のインプラント手術より痛みは増加する傾向にあります。痛みに弱い人は「骨造成」を施術してまで、インプラントを利用することは慎重に検討されることをお勧めします。基本的には手術中に使用する麻酔や痛み止めで、インプラント治療時の痛みは抑えられますが、全ての人がそうではなく、強い痛みを感じる人もいます。自分が痛みにどのくらい弱いのかを自覚したうえで、インプラントの手術を行なうかどうかは、歯科医師と相談することをおすすめします。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram