ハイブリッドインレー|リノデンタルオフィス福井の歯科コラム

Instagram 診療時間 10:00〜18:00
休診日 月曜・金曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週は休診日を変更
0776-50-6630 WEB予約WEB予約 お問い合わせ
資料請求

歯科コラム column

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレーは、セラミック粒子とプラスチック粒子を混ぜ合わせたものを指します。セラミックインレーとプラスチックのレジンの良い特徴をかけ合わせており、白い詰め物になるので見た目は美しく、セラミックほどの硬度がないため、強く噛みすぎても詰め物をしていない本物の歯を痛めにくいのです。また、金属を使用していないので金属アレルギーの人も使用できます。長い年数使用していても、素材が溶け出して口の中に炎症が起きるということもありません。その特性から、ハイブリッドインレーはおもに奥歯の詰め物に対して使用されることが多いとされています。


ただし、時間が経つと詰め物自体が変色する場合があります。また、ハイブリッドインレーは素材自体には硬度がないので、強い衝撃が加わると欠けたり、割れたりする可能性もあります。さらに金属の詰め物を使用するときに比べて、治療時に歯を多く削るデメリットもあります。そのうえ保険適応外なので、金属の詰め物をする治療に比べて治療費が高額になるのが難点です。


オールセラミックのインレーに比べると、ハイブリッドインレーの方が安価です。時間が経って変色した詰め物は、再度新しくインレーを詰め直せます。もちろん従来の金属製のインレーをハイブリッドインレーにやり直すことも可能です。金属の詰め物は、歯ぎしりなど特定の歯に強い衝撃を与え続けると変形したり、割れたりすることがあるので注意しましょう。割れて尖った先が歯茎や口内の皮膚などを傷つける場合がありますので、割れてしまった場合は、早急に治療が必要です。ハイブリッドインレーは比較的衝撃に強いので、割れにくい特徴を持ち、万が一割れてしまっても先が尖らず、口内を傷つけるケースは少ないといわれます。

インレーは、歯の型を採ってから完成するまでに数週間ほどかかります。完成するまでは、仮の詰め物をします。結婚式などの大切な日を美しい歯で迎えたい、写真に納まりたいとお考えの方は、余裕をもって治療を開始することをおすすめします。

何でもお気軽にご相談ください 0776-50-6630 初診相談無料 資料請求はこちら WEB予約WEB予約 お問い合わせ Instagram